腰痛解消

腰痛をうまく解消するには

腰痛をうまく解消するには

 

腰痛は慢性化すると日常生活や仕事に影響を及ぼす危険性があります。

 

つらい腰痛には効率的な解消方法が求められています。

 

一般的には誰でも腰痛が起こる可能性を持っていて、特にデスクワークや腰に負担が掛かる作業を長く行う場合に発症しやすいと言われています。

 

腰痛にならないよう対策するにはストレッチやマッサージを導入して悪化しないようにケアする選択が有効となってきます。

 

ストレッチやマッサージを行うタイミングとしては血行の良くなる入浴後が適しており、これらに加えて軽い運動と正しい姿勢を意識すれば軽度の症状は改善されやすい傾向があります。

 

しかし、骨の変形など物理的な異常が原因となっている場合には、適切な治療を受けないと解消できない状況も考えられる為、腰痛を軽視せず慎重に対処する事が大切です。

 

腰痛を改善する為の方法とは

 

腰痛を改善する為の方法としては、まず筋肉を付けるという方法があります。

 

腹筋や背筋が衰える事によって骨を固定する力が弱くなりますので、それによって腰痛が発生してしまう事もあります。

 

特に女性やお年寄りの場合は筋肉量が少ないという事もあり、腰痛が発生し易いとされています。

 

その為、改善する為にも予防する為にも筋肉量をアップさせるのも良いのではないでしょうか。

 

他にも腰痛を改善する為に姿勢を矯正する事も大切です。

 

例えばデスクワークの際にずっと同じ姿勢である事によって猫背気味になってしまい、その結果腰痛が出易い状態になっている事があります。

 

その為、本来の緩くS字を描いている背骨に矯正する事で痛みが和らぐ事もあるのです。

 

栄養が充実した食事をすることで腰痛の症状を改善できる

 

腰痛の症状を改善させるためには、バランスの摂れた食事から栄養を欠かさずに摂取して筋肉や骨を強化する必要があります。

 

吸収力に優れたタンパク質やカルシウムは、ヨーグルトや納豆を食べて摂取すると効果的です。

 

筋肉にたまった乳酸を分解してエネルギーとするためには、クエン酸を摂取するのが良いといわれていて、クエン酸を含む食品で一般的に有名なものとして梅干しがあげられます。

 

梅干はすっぱいですがクエン酸が豊富にあっておりにぎなどにして手軽に食べられる食品です。

 

腰痛の人の食事は、不規則で栄養が偏ることが多いものです。

 

栄養の偏りを防ぐためには、食材の品目をできるだけ多くして、多彩な栄養を摂取してバランス良く食事をすることが欠かせません。

 

良質なタンパク源となる魚類や肉類などをよく食べることが大切ですが、脂肪の摂り過ぎには要注意です。

 

体重が増えすぎると腰痛の症状が悪化することが多いため、摂取カロリーにも注意しながら食事をすることが大切です。

 

自宅でも簡単にできる腰痛解消ストレッチ

 

現代の日本人の多くは腰痛に悩まされている人も多く、これは姿勢が悪いことや腹筋と背筋のバランスが悪いことによって腰痛を引き起こしていることがほとんどです。

 

自宅でも簡単にできる腰痛解消ストレッチは、まず仰向けに寝ます。

 

左右どちらかの足を膝を曲げて胸のあたりまで引き上げて、両手で膝を抱えて真下に押すようにします。

 

こうすることによって腰の筋肉が伸びていることを実感できるので、ストレッチ後には腰痛も緩和します。

 

同じく反対の足も膝を曲げて真下に押すようにして、5秒間その状態でキープすると良いでしょう。

 

腰痛解消ストレッチの注意点としてはいきなり強く押すのではなく、少しずつ力を加えていくことで大切です。

 

いきなり強い力で押すとさらに悪化する可能性もあるので注意が必要です。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ